1. トップページ
  2. ほうれい線対策運動の細かいやり方

ほうれい線対策運動の細かいやり方

まず、右手の親指を左頬の内側(口の中です)に入れます。親指を目の下のほうれい線の始まり辺りまで持って行き、外側から頬のお肉を挟むように人差し指を添えます。日本の指で、頬の肉を挟んだままかるく指先を回すように動かして頬肉をマッサージしながら、頬全体を動かしていきます。口の頬骨の一番高い辺りとか、ほうれい線と口角の延長線が交わる辺りに、少し硬い感じの場所があるので、そういう所を探して重点的に揉み解すようにします。

50代 【運動内容】頬肉マッサージ・4か月+こめかみ引っ張り・6ヶ月

口をとがらせて背筋を伸ばしたら、「う〜」と声を出しながら天井をむいて20秒とどまります。これを3セット、朝と晩にします。あごのたるみが伸びるよう意識して首を伸ばし、口元の筋肉を意識する事がコツです。「う〜」と声を出さないと効き目がないので、きちんと声を出すことがポイントです。

50歳 【運動内容】キスミー体操・1カ月半

初めたのが結構最近ですが、日々効果を実感しています。ベロ回しを一日で、思い出した時にするようにしているんですが、ベロを上の唇と歯の間にいれて、時計回りにゆっくりほっぺたも伸ばすように5回、口の中で回していきます。逆回りも同じようにすると、5回づつでもベロが攣りそうになります。

29歳 【運動内容】ベロ回し運動・2ヶ月

1.舌をほうれい線の内側に押し当てて、押したまま唇の周りをグルグルと10周回します。その後、反対周りで10週回します。2.「あいうえお」を1文字づつ口をめいっぱい開けて言います。これを3セットやります。

40代 【運動内容】ベロ回し運動とあいうえおを言う・1年

30代後半になってから、だまっているとほうれい線、頬のたるみ、二重あごが気になるようになってきて、たまたまテレビで見たベロ回し運動みてやりはじめました。結構キツくて最初は10回くらいが限界でした(汗)普段使われていないことを感じました。

30代後半 【運動内容】ベロ回し運動・2ヶ月

先ずベロ回しです。口を閉じたままでベロだけを回していきます。口の中でベロを上の歯茎にあてます、そのまま右側の頬の方向へベロを動かしていきます。そのまま今度は下の歯茎の上、左側の頬へと回します。これを7回繰り返し、次に反対方向、左側から回します、これも7回繰り返します。次に顔ヨガです。口を思いっきり尖らせます。そのまま右側、左側へと横に動かします。これを10回繰り返します。次に、口を閉じて普通にし、そのままニッと笑顔を作る様にします、口は閉じたままです。これは5回程繰り返します。

50歳 【運動内容】ベロ回し・半年+顔ヨガ・1ヶ月

口の中で、ベロを上あごを通って下あごへ向かってまた上あごへ一周するように回す運動です。それを右へ10回、左へ10回ずつ行います。一日に3回以上やるように心がけて、気が付いたときにいつでもするようにしましょう。

42歳 【運動内容】ベロ回し運動・半年

口を閉じて、舌を歯の周りに回していきます。最初は、右に10回、次に左に10回まわします。慣れるまでは、これくらいの回数で、少し慣れてきたら、20回ずつくらいまわすといいです。だいたい、1日に2回くらい行います。

60代 【運動内容】ベロ回し・2か月

以前ほうれい線に効くという、舌を回す運動をテレビで見てそれから試すようになりました。口をつむり、まず舌先を唇の周りにあて右回りを10周、左回りも10周、最後に上を向いて舌先を突き出し、上にのばして10秒数えて終わります。

40代 【運動内容】ベロを回す運動・半年

口を開けずに、ベロを前歯や歯茎のまわりを一周するようにグルグル回します。左右10回ずつくらいを1セットで、回数はハッキリ決めなくてもいいですが、舌の筋肉が辛くなってつりそう!と思うくらいまでやったほうがいいと思います。もうひとつが、上下の唇を内側に巻き込みながら、口角を5秒くらいかけてゆっくり上げていきます。そして上げきったらまた5秒くらいキープし、また5秒くらいかけながらゆっくりと口角を元に戻します。一連の流れを1セットとして、それを3〜5セットやります。これも、口角の筋肉がプルプルと動いてつりそうなくらいまでやるといいと思います。

30代後半 【運動内容】ベロ回しや口角あげ・半年

Copyright (C) 2017 ほうれい線対策運動の本当の効果は? All Rights Reserved.